Pocket


「あがり症なので人前に出るのがどうも苦手です。」と会議の前など人前に出ることことの前に話をしている方よくいらっしゃいますよね。そんな時に「私もですよ。」なんて相槌を返して、時には励ます人もいます。

人前に出るのに緊張しない人の方が少ないですし逆に緊張しないのも問題です。

誰でも“あがる”ことはあります。

これは覚えておいてください。

誰でも「あがる」ことはあるけど、それが「障害」になるのであれば「あがり症」だと思われます。あがり症は正式な病名ではなく社交不安障害SADと診断されることもあります。

そして、あがり症は後天的に(生まれてから後に)脳にプログラムされたものですからプログラムし直せば良いのです。

「あがり症は脳からのアラーム」で「自尊心を傷つけられたという警報」で、正常の証拠ですが、日常的に過剰にアラームが作動すると困りものですよね。例えば考え方の癖にマイナスが多い場合は「自尊心を傷つけられたという警報」が少し誤作動する場合もあります。そういった勘違いの考え方の癖から「あがり症」になっていることもあります。

なので、あがり症は「場数を踏むと悪化する」と専門家も指摘しているように、自分の中に勘違いの考え方の癖を持ったまま場数を踏んでしまうと更にあがり症の元になっている勘違い(認知の歪み)が酷くなるか可能性もあるので場数を踏むのではなく、正しいトレーニングが大事だと言われています。

そのおすすめのトレーニングはあがり症を克服したカウンセラーの方が作成した「あがり症改善プログラム」です。

”あがる”という体の反応はノルアドレナリン神経から分泌され血液中のノルアドレナリン値が上昇して起こります。ノルアドレナリンは不安や緊張を感じた時に活発に分泌され自律神経の交感神経を活性化します。

そして、交感神経が刺激されると心拍数や体温、血圧が急上昇するため、動悸や発汗、震えなどの症状が起こるのです。

つまり、最初の「不安や緊張を感じた時」を変えることが出来れば、あがりを軽減させれるということです。例えば、あがり症の人が不安や緊張を10で捉えた場合と他の人が不安や緊張を3で捉えた場合では全然違ってくることがお分かりいただけるかと思います。

つまり物事に対する「解釈」を変えることが出来ると不安や緊張も軽減させることが出来るということです。だから新しい情報と改善法を知ることが大切なのです。その為に役立つのが「あがり症改善プログラム」です。良かったらお試し下さい。

ところで、1人あるいは大勢の人と関わらなければならない場面で、緊張したり不安になったりすると、あなたの体は具体的に次のような反応をしませんか?

・ドキドキと心臓が異常なくらい鼓動を打つことがある。
・ダラダラと掌が濡れるくらい汗をかくことがある。
・手や足がブルブルと震えることがある。
・赤面、または逆に顔から血の気が引くことがある。
・口の中がカラカラに乾くことがある。
・お腹が痛くなる。
・おしっこが近くなるか、逆に出なくなる。
・目を合わせられない。
・頭が真っ白になる
・自分の臭いや容姿が相手にどうおもわれているか、気になって、落ちつかない。

多かれ少なかれ、誰にでも身に覚えのあることばかりですよね。あなたの自律神経が機能しているからこそ、上記のような症状が表れるのですよ。ですが、自分の症状は度を越していると思われる方もいらっしゃるかもしれません。

日常生活に支障をきたすほどにひどくなっている方についてはあがり症と言えます。日常生活に支障をきたすようなレベルのあがり症というのは、神経症の一種で社会不安障害とも社会恐怖症とも呼ばれることがあります。

現代日本人には、一番多い神経症です。なぜなら、集団の調和を重んじる日本人の意識があがり症を誘発しやすいからです。

「出る杭は打たれる」という言葉があるように、日本人は他人の視線を気にして自分の一挙手一投足を決める傾向が強いです。というのは、集団の中でうまくやっていくには人間関係を壊さないように行動する必要があるからです。ですから、人間関係に亀裂を入れるかもしれない些細な失敗や、集団に受け入れられにくい自分の一面を周囲に見せることに対して敏感な人が多いのです。

現代日本人には、周囲から出過ぎないようにしなければならない一方で、自己主張をして自分の能力もアピールしなければならないというジレンマがあります。

そのジレンマは、学校や職場など大勢での人間関係が築かれる場所に、欧米風のスタイル(スピーチやディベート、自己主張を重視)が取り入れられていることが原因の一つと言えるでしょう。日本人の集団の調和を重んじる意識が、他人に気をつかうというレベルでとどまっている内は構いません。このレベルでは、神経症的症状までは出ないでしょう。それに他人への細やかな配慮は、日本人の素晴らしい国民性だと思います。

しかし、自分が一度でも失敗すると、今所属している人間関係から弾かれてしまうのでは……?こんな風に、過剰に他人の視線を意識しはじめたら、病気と診断されるレベルのあがり症である恐れがあります。

つまり失敗は成功の元だから本当はプラスな事なのに、失敗は絶対的マイナスだと勘違いしていることもあがり症の原因の一つです。こちらも勘違いの考え方の癖です。勘違いを専門用語で言うと「認知の歪み」です。認知の歪みを修正することも大事です。

失敗は成功の元なのでプラスな事!

この言葉を強くはっきりと言葉にして言ってみて下さい。

他人や他人の視線に恐怖して失敗を重ねてしまうと、同じことを繰り返す癖がついてしまいます。さらに過去の体験がフラッシュバックして身体的な症状が過剰に表れてくるのです。

あがり症の方たちには完璧主義な人が多く見受けられます。コンプレックスが強く、自分の欠点を隠そう隠そうとするために、逆に失敗をしてしまうのです。何でも完璧にできる人間はいません。もっと肩の力を抜いてみてはどうでしょう。

そして、完璧を目指すあまりに、緊張からくる自律神経の働きを無理やり抑えようとしないで下さい。抑えようとするほどに、症状が強くなりますよ。難しいかもしれませんが、自然な体の働きですので、気にしすぎないようにしましょう。腹式呼吸をして、自律神経の働きを静めるのもよいでしょう。鼻から吸って、口から吐いて下さいね。

もしもあなたが大勢の前でスピーチをする時、あがり症の症状ばかり気にしていたら、肝心のスピーチはうまくいきません。あがっていることも含めて、自分自身を客観的に見ながら、スピーチをしてみてはどうでしょう。失敗してもいいんだという気持ちになれると、なおいいですね。克服したい方は「あがり症改善プログラム」を始めてみて下さい。

自分で無理なくあがり症を改善する方法
正しい改善方法(1日15分)を試すのが近道です。
「あがり症改善プログラム」の公式サイト

自分を「回復」させて「改善」しよう
みんなが選んだ人気の自己学習教材
自分で自分を救うための教材一覧

Pocket