Pocket


あがり症は恥の文化の影響が大きい

日本人にあがり症が多いのは「恥の文化」が強く関係していると言われています。この「恥の文化」はアメリカの文化人類学者「ルース・ベネディクト」が使った用語だそうです。日本人は恥をかかないようにすることが美徳であるとしてきたことの影響が大きいようです。

「俺に恥をかかせるなよ」「恥かしい奴だなぁ」と誰もが1度は聞いたことがある言葉だと思います。こういった認知の歪みが自分にあることもあがり症の原因にもなっているのです。

すなわち,日本人の行動様式は,恥をかかないとか,恥をかかせるとかいうように「恥」の道徳律が内面化されていて,この行動様式が日本人の文化を特色づけているとする。

引用元:恥の文化(はじのぶんか)とは – コトバンク

あがり症の症状は人前に出ると緊張して話せなくなったり顔が赤くなったり、人の視線に恐怖を感じる。人にどう思われているかを極端に気にしやすい日本人だからこそ、あがり症で悩む人が多くいるのです。元々、人によく気配りが出来るタイプの方や人見知りをしてしまうタイプの方があがり症傾向にある。

人が大勢いる場所に行くと怖いという感情が極度に強くなって癖になってしまう事もあがり症の原因になる。あがり症に悩まれている方は大勢の前で何か話さなければならない時はかなり苦痛です。動悸が激しくなる手足の震えが出る汗の分泌が極端に増えて顔が赤くなる。という症状があがり症の症状です。

あがり症の方にとっては大問題です。大勢の人前が苦手な方も居れば一対一で話すのが苦手な方も居ます。話す事自体に恐怖を感じてしまい変に思われてしまうのではないかと極度に不安を感じてしまうので”話す”という行為そのものが苦痛になるのです。当事者にとっては生き地獄のように感じるものです。

本来、話すことは楽しいことです。その楽しいことが苦痛に感じてしまうという原因が「認知の歪み」なのです。これによって楽しいことが恐怖に感じてしまうのです。だからあがり症を改善するには「認知の歪みの修正」と「条件反射の遮断」が必要です。そのためのプログラムが以下になります。

「あがり症改善プログラム」の公式サイト

あがり症と条件反射の関係は?

あがり症は”なってしまった原因”があります。それがトラウマです。トラウマは強い感情を伴う失敗した体験や経験が、フラッシュバックされて恐怖や不安という感情を生み出してしまう”辛い記憶”を指します。例えば、大勢の人の前で話す機会があった時に上手く話せなくて恥をかいた記憶がトラウマになると、あがり症の原因になってしまう場合もあります。

トラウマは記憶にある状況と似たような状況の時に条件反射で表れやすい。トラウマは軽度~重度な方など様々ですから症状の表れ方も個人差がある。トラウマは無意識に頭の中で条件付けされてフラッシュバックされるので「大丈夫大丈夫」と意識していても無意識のうちに恐怖や不安を感じてしまうのです。

あがり症と条件反射の因果関係は深くトラウマが軽度な方は特定の場面になった時にのみ動悸や手の震えなどを感じたりします。例に挙げると梅干しって見るだけでよだれが出てきますよね。これも条件反射の一つ。梅干し=酸っぱいと条件付けをしている為、梅干しを見る条件で反射として唾液が分泌される。

あがり症の症状が発生するのは過去に大きな失敗をしてしまった場合や恥ずかしい経験をしてしまった条件と同じ条件下になった時に脳内にフラッシュバックされて不安や恐怖を感じるからです。それだけあがり症と条件反射の因果関係は深いのです。なのであがり症の改善には条件反射の遮断が必要なのです。

「あがり症改善プログラム」の公式サイト

気合いや根性で場数を踏む事はダメ!

あがり症と条件反射の因果関係が根強い事は分かりましたね。あがり症は気合を入れて「場数を踏む」ことで克服出来ると考えている人は少なくありません。しかしあがり症は脳の条件反射で起こるものなのでいくら意識的に「大丈夫だ」と頑張っても解決されないどころか悪化させてしまう場合もあります。

条件反射は学習の基本的なプロセスの1つ。脳が過去に受けたトラウマから自身を守ろうとする為に条件反射を起こしたといってもよいと思います。つまりその条件は・・だよ。と自分に危険回避のために知らせてくれていたのに自分がそれに気づかずに同じ危険な状況を繰り返してしまった場合もあるのです。

それによってより強いアラームで自分に警告を出す。「それじゃ危ないよ!」と。それがあがり症です。ですので自分の勘違い(認知の歪み)に気づいて自覚して修正することも必要なことです。勘違いによって”あがり”を強化させてしまってる場合もあるのです。

そういった大事なことを無視して、いくら気合いや根性で場数を踏んだとしても”緊張した”、”不安を感じた”、というマイナスな記憶の積み重ねになります。つまり克服どころか逆効果であり「悪化」してしまう可能性が高いといえます。

あがり症に悩む人は日本人に特に多いですし克服したいと思っている方は多いでしょう。しかし、あがり症を改善する為のスタート地点に立たない限り改善には向かいません。あがり症を改善する為にも方法はあります。正しい方法を行えばあがり症に悩んでいる方も克服する事は可能です。

「あがり症は治らない」という方が多くいます。あがり症は治らないと今まで諦めていた方も治るなら改善したいですよね。あがり症は日常生活にも社会生活にもかなり支障をきたすのでツラいと思います。あがり症で悩む方は諦めないで下さい。正しい改善方法を知る事が必要なことです。

「あがり症改善プログラム」の公式サイト

あがり症改善プログラムの詳細

あがり症の中にも軽度~重度なものと様々ですが重度な場合にはSAD(社交不安障害)という病名が付けられています。あがり症は他人事の病気ではなく7~8人に1人はSADと言われているほど。あがり症は日常生活にかなり制限をかけてしまう厄介なものです。自分の人生を楽しむには改善が必要です。

「改善は出来ないのでは…」と諦めている方も少なくないのですが、あがり症で悩まれている方の為に開発された改善プログラムである「あがり症改善プログラム」によってあがり症の悩みから解放された方は大勢いらっしゃいます。

「あがり症改善プログラム」が何故よいのか。それは既にお伝えしているあがり症改善に必要な「認知の歪みの修正」と「条件反射の遮断」を意図して制作された確かなプログラムだからです。制作者は心理カウンセラーで過去には重度のあがり症で苦しんだ経験もある人です。

「あがり症改善プログラム」はインターネットで教材を取り扱っている販売サイトの健康カテゴリーで1位を獲得したことがあるほど、あがり症改善の教材の中でもトップクラスに人気の教材です。あがり症改善プログラムは薬は一切使用せず自分で簡単に行えるので特別な事をする必要はないのです。

間違った知識のままあがり症を改善しようとしている方は多いですがあがり症改善プログラムはあがり症を引き起こしてしまう根本的な原因の改善に努める方法です。ただ改善出来るだけでなくあがり症を改善していく段階であがり症の症状に対してどう対処すれば良いのか実践的な知識も得られます。

ぜひ、試してみて下さい。

 

「あがり症改善プログラム」の公式サイト

あがり症を克服して、本当の自分を取り戻しましょう。

自分で無理なくあがり症を改善する方法
正しい改善方法(1日15分)を試すのが近道です。
「あがり症改善プログラム」の公式サイト

自分を「回復」させて「改善」しよう
みんなが選んだ人気の自己学習教材
自分で自分を救うための教材一覧

Pocket