Pocket


買い物に行った時のレジの20歳くらいの男性が、顔が真っ赤ですごく緊張しているようでした。表情がすごく固まっていて、遠くから見ると、最初は僕をにらんでいるのかと思ったのですが、そのレジが空いていたのでそのレジに行きました。

近づいてい見るとすごく緊張している感じがあり、私は「こちらの店員の方はあがり症なのかもしれない」と思い、余計な負荷をかけないように店員の方をあまり見ないように自然に視線を横に向けたりして、「気にしないで大丈夫ですよ」という感じで心の中で思いながら、お金を支払いました。

そしてお釣りを渡してくる時も、緊張しているからか、「あれ?…あれ?っすいません」みたいに焦っていたので、「大丈夫ですよ(*^^*)」と言ったら、店員の方の顔に「笑顔が出て少し落ち着いた感じ」がしました。

そして、思ったことが「あがり症かもしれないのに、接客の仕事を選んだことが、すごいな」と思いました。自分の苦手なことに挑戦しているんだなぁと思って、一生懸命頑張っている感じがとても素敵だなぁと思いました。

あがり症改善には「条件反射の遮断」が大事なので、レジの方が「あれ?…あれ?っすいません」みたいに焦っている時に、「大丈夫ですよ(*^^*)」と伝えると、店員の方の顔に笑顔が出て少し落ち着いた感じがしたのですが、こうやって、過去の記憶を遮断することも大事です。

レジの方が「あれ?…あれ?っすいません」と焦っている時には「過去の記憶」が無意識のうちに発動しています。例えば過去に「早くしろよ」と責められた記憶など。だから「今」も「早くしろよ」と言われるのではないか。そう無意識のうちに焦ってしまうこともあります。そんな時に「大丈夫ですよ(*^^*)」と伝えると「早くしろよ」の反対になるので記憶が書き換わりやすいのです。

過去の記憶(お釣りを渡すときに焦る)を、「ゆっくりで大丈夫なことなんだ!」と変えていくのです。こういったことを繰り返していくと、徐々に染み込んでいくかのように焦らずに出来るようになります。

「接客」⇒「焦る」

「接客」⇒「落ち着いてゆっくりでいい」

あがり症を改善するには「条件反射の遮断」と「認知の歪みの修正」こそが必要なことです。この2つから制作されている改善プログラムが「あがり症改善プログラム」です。あがり症を早くに改善したいならぜひお試しください。

 

自分で無理なくあがり症を改善する方法
正しい改善方法(1日15分)を試すのが近道です。
「あがり症改善プログラム」の公式サイト

Pocket