Pocket


あがり症って?

人の前に立つとあがってしまいうまく話せなくなってしまうなど、あがり症で悩んでいる方がいると思います。特に仕事でプレゼン等があり、人前で話をする機会が多い方には大きな悩みの種となっていることでしょう。まず、あがり症とは何かを具体的に説明します。

あがり症とは人前に立った時に頭の中が真っ白になってしまったり赤面してしまったり、極度の緊張から体が震えたりする症状のことです。あがり症は正式な病名ではなく社交不安障害SADと診断されることもあります。

状況としては職場の会議やプレゼンの場、自己紹介や面接試験、またスーパーでの買い物であったりと様々なものがあります。大勢の人の前の場合もあれば1対1の状況の場合もあり、個人差があります。生まれつきあがり症だという方はまずおらず、何かのきっかけがあってあがり症になります。

言い間違えをしてしまい人前で笑われたり、同僚の前で上司から厳しく叱られたり、仕事の大事なプレゼンで失敗してしまった経験などがトラウマとなり、あの時のようになってはいけないという気持ちが強く出てしまうことにより、あがり症が発症します。

あがり症に伴い、めまいがしたり吐き気がしたり、体が熱くなったり、失神してしまう人もいたりする等、様々な身体症状が起こります。また、スピーチなどの3日前くらいから強い不安に襲われてネガティブな状態になってしまう予期不安という症状が出る方もいます。

あがり症と条件反射の関係

次に、あがり症と条件反射の関係について説明します。なぜ一見すると関係のないように思えるあがり症と条件反射が関係しているのか。それはあがり症が過去のトラウマによるものだからだと言えます。

上司に叱られたり失敗を人からバカにされたことが辛い記憶となり、それがトラウマになることによって起こるあがり症。トラウマとは条件付けの一種であり、人前に立つことであがってしまうことは恐怖条件付けとされます。この恐怖条件付けという神経メカニズムにより、過去の辛い記憶を無意識のうちに思い出すことによりあがり症が起こってしまうのです。

自分の意志とは関係なく条件反射的に思い出してしまうために、緊張しないようにしようと強い気持ちでいたとしてもあがり症が起こります。あがり症に悩んでいる期間が長ければ長いほど、トラウマが根強く残ってしまうため、気持ちの持ちようではあがり症を治すことはできないのです。

ですので、あがり症を克服するためには恐怖条件付けの神経メカニズムによる「条件反射を遮断」する必要があるのです。

あがり症改善プログラムとはどんなもの?

「あがり症改善プログラム」とは、心理カウンセラーで催眠療法士の児島弘樹さんが開発した、あがり症を根本から改善させる教材のことです。

これは薬を一切使用せずにあがり症を引き起こす根本的な原因に働きかけることができます。それなのに自分ひとりで行うことができ、簡単で時間もかかりません。教材であるため、何度でも要点を確認することができ、見ながら真似をするだけなのでどなたでも簡単に実践することができます。

どのような考え方があがり症にどのような影響を及ぼすか、あがり症を改善させる考え方を習慣化させるためには、人前に出る時の考え方は、といったメンタル編とあがり症を改善させるための原稿の作成方法、あがり症を改善させるための呼吸法、滑舌を良くする方法までが載っているスキル編によって構成されています。

そして、1日に15分聞くだけであがり症が改善できる催眠療法の特別音声ファイルが付いています。自分のあがり症と真剣に向き合い、改善に向けて努力することによってあがり症を克服することのできる教材となっています。

「あがり症改善プログラム」の公式サイト

プログラム販売者の児島さんって?

あがり症改善プログラムの作成者である児島弘樹さんについて紹介をします。心理カウンセラーで催眠療法士である児島さんですが、もともとは児島さん自身もあがり症に悩まされていたのでした。児島さんは中学2年生の時に自分があがり症であることに気付き、人前で発表をする機会があればその1週間前から食欲が無くなり、3日前になると眠れなくなるほど。

さらに、1分程の短いスピーチでも体に力が入ってしまって次の日には筋肉痛になるほどの極度のあがり症だったと言います。そんな自分を変えたいと心理療法を学び、心理カウンセラーになった児島さん。心理学や心理療法を学ぶために必死に努力をし、300人の前でも緊張せずにスピーチを行うことができるようになりました。

さらに、あがり症を克服しただけではなくスピーチの全国大会で準優勝を果たし、現在では国際的なスピーチの団体にも所属しています。そして、自分と同じようにあがり症に苦しむ人のために「あがり症改善プログラム」を作成したのです。

気合や根性で場数を踏むことはダメ!

あがり症の方の中には、場数を踏んで人前で話すことに慣れることであがり症が改善されると考えている方もいるようです。しかし、それはあがり症を改善させようとする上での大きな間違いなのです。前にも説明した通り、あがり症は「条件反射的なもので自分の意志とは関係無く起こってしまう」ので、気合いや根性といったものでは改善することは不可能なのです。

それに、あがり症の場合は場数を踏むことによりさらにひどくなってしまう可能性の方が高いのです。なぜなら場数を踏めば踏むほど、人前に立つことを想像して怖くなり本番で失敗するため、次回さらに強い不安を感じてしまうようになるという負の連鎖に陥ってしまうからです。

その回数を重ねれば重ねるほどにあがり症はますますひどくなっていきます。この負の連鎖に陥ってしまうと理性では不安を抑えることが出来なくなってしまうので、あがり症を改善させるには深層心理に直接介入する心理療法が必要となってきます。

あがり症改善プログラムの詳細

最後に、「あがり症改善プログラム」について詳しく説明していきます。まず、催眠療法の特別音声ファイルについてです。催眠療法とは直接潜在意識にメッセージを届けることができる治療法です。この音声を1日に15分聞くだけで、意識の95%をも占めている潜在意識を味方につけることができます。

あがり症改善プログラムのメンタル編では、あがり症を改善させる考え方やその考え方を習慣とする方法、人前で話をする直前に感じた緊張を消し去る方法、本格的に自分で緊張感を解消する心理療法などが記載されています。

次にスキル編です。プレゼンの原稿作成であがり症を改善させる方法、人にいい印象を与える方法、自分の声を聞いても緊張しないような発声練習を行う方法、人前で話す時に噛んでしまわないように滑舌を良くする方法などが詳しく説明されています。

ただし、これはただ読むだけでは効果はありません。絶対にあがり症を克服させるという強い意志と、それに伴う努力をして初めてプログラムの効果を実感できるのです。

薬ではないため即効性はありませんが、時間をかけて努力をしていれば確実に改善へと向かっていきます。本気であがり症を治したいと思っている方にオススメのプログラムです。

ご心配な点やご質問があれがお気軽にお問い合わせください。

自分で無理なくあがり症を改善する方法
正しい改善方法(1日15分)を試すのが近道です。
「あがり症改善プログラム」の公式サイト

自分を「回復」させて「改善」しよう
みんなが選んだ人気の自己学習教材
自分で自分を救うための教材一覧

Pocket