Pocket


あがり症って?

自分のことをあがり症と思っている方は多くいます。社会生活の中では、人前でしゃべることが必要になることは多く、この時にどうしても緊張するという方は多いのではないでしょうか。

緊張しながらも、何んとか普通にしゃべることができる方はいいのですが、中には声が震えてしまったり、手や足が震える方もいます。この時に人前で話すことに不安を感じたり、恐怖を感じるといったことにより、日常生活で支障をきたすような状態の方をあがり症と言われます。

ほとんどの方が、人前で話すときにはある程度の緊張はするものです。しかし、あがり症の方は、この緊張が高まりすぎ、対人恐怖症などの障害が出てしまうことがあり、上手く社会生活を送れなくなってしまいます。このあがり症は、生まれつきの症状ではなく、生まれてからの経験の積み重ねによって起こる症状です。

あがり症と条件反射の関係

あがり症の方の中には、自分は生まれつき緊張しやすい、生まれつきのあがり症と思っている方もいるのではないでしょうか。

しかし、このあがり症は、生まれつきではなく、脳の条件反射によって起こる症状と考えられています。誰でも、緊張をすると心臓がバクバクしたり、手に汗をかいたりします。

これは、交感神経が優位になっている状態で誰でも起こる症状です。交感神経を優位にし、心拍数や血圧を高めることで自己防衛を高める症状です。

あがり症の方は、この症状が高まりすぎた症状と言えます。過去に、人前で話したことで自尊心が傷つけられ、自分を守るために防衛本能が反射的に働き、あがり症という症状となって現れます。

この症状は自分が意識して起こるというよりは、脳が勝手に判断し条件反射となって現れ、その症状を意識すればするほどさらに症状が悪化します。この症状を克服させるには、脳に植え付けられている悪い意識を変えることが必要になります。

あがり症改善プログラムはどんなもの?

このあがり症を改善させる方法として、病院に行って治療を受ける方法があります。しかし、あがり症の方にとって、病院に行くことさえ抵抗があるという方も多くいます。あがり症の方の中には、自分で病院に積極的に行って治療ができるくらいなら、あがり症になんかならないといった方もいるのではないでしょうか。

そんな、病院に行くことにも抵抗があるという方に最適な改善方法が、「あがり症改善プログラム」を利用する方法です。このあがり症プログラムは、もともとあがり症で悩んでいる方が、心理学や心理業法を学んで作り上げたプログラムです。

ただ、学問を学んだだけの方が開発したものではなく、学問を学び、実体験をもとに作り上げられたものなので、確かな効果が実感できる商品です。この商品は、自宅で利用することができるので、あがり症の方でも気軽に始めることができる点がメリットと言えます。

あがり症の方は、このあがり症であることをできるだけ、人に知られたくないと思っている方がほとんどです。にもかかわらず、病院に通院するのは精神的な負担も大きくなります。この商品を利用すれば、誰にも知られずあがり症を克服することができます。自分のあがり症を、何んとか克服したいと考えている方は、この商品を一度試してみてはいかがでしょうか。

「あがり症改善プログラム」の公式サイト

プログラム販売者の児島さんって?

この商品の販売者である児島弘樹さんは、心理カウンセラー・ヒプノセラピスト(催眠療法士)です。この児島弘樹さんはあがり症で悩んでいた方の一人です。

中学2年の時に、自分があがり症であることに気づいたそうです。その頃は、人前で発表しなければいけない時は、1週間前から食欲がなくなり、夜も眠れないという状態で、発表当日はやつれてしまい、発表したことは全く覚えていないといった状態だったそうです。

しかし、心理学や心理療法を学び、それを実践したことにより、あがり症が改善され、多くの人前でスピーチをする全国大会で準優勝するまでになっています。今では心理カウンセリングHappy-Hypno.jp代表を務め、多くの方のあがり症の改善に貢献されています。

あがり症で悩んでいる方は、児島さんのように人前で発表をする機会が増える中学生くらいで自覚した方も多いのではないでしょうか。小学生や中学生の頃に、人前で嫌な思いをした経験により、あがり症を発症してしまうことがあります。しかし、方法によっては、児島さんのように、このあがり症を克服させることは可能です。あがり症で悩み続けるのではなく、適切な方法によって改善させることが大切です。

気合いや根性で場数を踏むことはダメ!

あがり症の方の中には、上司や職場の同僚などに、気合が足りない、根性で乗り切れ、場数が足りないからだと言われた方もいるのではないでしょうか。あがり症の方が、人前でも堂々と話ができる方から、こんなことを言われると、自分には気合や根性、場数が足りないと思ってしまう方も多くいます。

しかし、この理論ではあがり症を克服することはできません。あがり症を克服できるどころか、このことが脳に嫌なイメージを植え付けることとなり、逆に症状がひどくなってしまう方もいます。このあがり症は、条件反射が関係していることから、気合などでどうこうなるというものではありません。

また、中には準備が足りないからだと言われてしまうこともあります。人前で何か発表をするために、十分な準備をすることは大切なことです。しかし、あがり症の症状がある方は、どんなに準備をしていても、条件反射によって、発表の場になるとどうしてもあがってしまいます。

この症状では、心理療法を利用して、深層心理に直接アプローチできるような方法が必要になります。不適切な方法を利用していても、精神的な負担を増やすだけです。心理学や心理療法を利用することが、あがり症克服への近道となります。

あがり症改善プログラムの詳細

この「あがり症改善プログラム」は、根性論でこの症状を改善しようというものではありません。あくまでも、合理的で科学的な心理学のアプローチによって改善させるものです。

また、このプログラムでは、実践的な知識やスキルも学ぶことができます。このプログラムの特徴としてまず挙げられるのが、1日15分だけ聞くだけという点があります。1日15分ならどんなに忙しい方でも、利用できる商品ではないでしょうか。

この商品は、催眠療法の特別音声ファイルを利用し、潜在意識に直接メッセージを送ることができます。意識は95%を潜在意識が占めると言われ、この潜在意識を味方につけることで、あがり症を改善させることができます。このプログラムは、潜在意識にアプローチをするメンタル編と、実践も役立つスキル編があります。どんなにメンタルだけ強くなっても、スピーチで分かりやすく人前で話すためのコツが身につくものではありません。このコツが身につかないと、また嫌な意識が脳に刻まれ、あがり症になってしまうことも考えられます。

しかし、このプログラムでは、論理的に分かりやすく話す公式、原稿作成法、呼吸法、発声練習法など、実践で役立つ方法を教えてくれます。あがり症の方は、この症状さえ克服できれば、自分の人生がどんなに楽しいものになるかと、普段から思っている方も多いのではないでしょうか。

このプログラムは、そんなあがり症の克服のために最適な商品です。誰にも知られることなく、利用できる商品なので、この商品を利用して、毎日の生活を楽しい時間へと変えてみてはいかがでしょうか。

「あがり症改善プログラム」の公式サイト

自分で無理なくあがり症を改善する方法
正しい改善方法(1日15分)を試すのが近道です。
「あがり症改善プログラム」の公式サイト

自分を「回復」させて「改善」しよう
みんなが選んだ人気の自己学習教材
自分で自分を救うための教材一覧

Pocket