Pocket


あがり症を克服するには「学習」が必要です。なぜ「学習」が必要なのかというと、あがり症を克服するには、あがり症の症状を作り出している「条件反射の遮断」と「認知の歪みの修正」が必要で「学習」しなければ「条件反射の遮断」も「認知の歪みの修正」も出来ないからです。

条件反射、つまり、「ある刺激が条件となり反射が起こる」のです。そう、過去の記憶として残っているのです。つまり、過去に学習してしまった条件反射なので、再度学習をして新しい情報で更新して古いものを遮断することが必要なのです。この「過去の記憶を上書きする必要」があるのです。

その条件反射の遮断を、新しい「学習」によって書き換えることが、あなたのやることです。そして、効果的な「学習」はインプットしてアウトプットすることです。だから、あがり症を克服するには、インプットしてアウトプットすることが死ぬほど大事だと言うことです。

インプットした情報や気づきはアウトプットしなければ意味がなくなりますのでしっかりアウトプットすることが「あがり症克服に大事」なことになります。

input_output

繰り返しますがあがり症を克服していくには学習が必要で「学習効果が高いインプットとアウトプット」が大事ですのでしっかりアウトプットして下さい。アウトプットの方法は「書く」「話す」です。

あがり症の克服は正しくアウトプットすることも大事になります。

・インプット「読む・聞く」

・アウトプット「書く・話す」

例えば、インプット「読む・聞く」はここで情報、記事を読むことです。アウトプット「書く・話す」はここで知った情報。とくに「なるほど!」「役立つ!」と思った情報を誰かに話すことです。

つまり、あなたがこの記事を読んだことで「なるほど!」「役立つ!」と思った部分を自分の言葉で友人や家族、同じように悩んでいる方に実際に話して伝えることもアウトプットになります。

ある刺激が条件となり反射が起こる」あがり症を改善するには無意識のうちに起こる反応(反射)を遮断しない事にはどうにもできません。

あがり症の原因である偏った考え方の癖に自分で気づけば、修正していけます。無意識のうちにされる考え方の癖(認知の歪み)があがり症の原因になっているのです。

例えば緊張することが恥ずかしいという勘違い(認知の歪み)があるのなら、自分が納得いくまで本当に恥ずかしいのかを調べまくって下さい。

そうすると緊張は当たり前のことで誰にでも起こることですから、別に恥ずかしいことではないと納得できます。緊張を恥ずかしいことだと思い込んでいたことが歪んだ考え方なのです。こういった呪いのような考え方を持っていると当たり前のことにマイナスの意味づけをするから余計に焦ってしまうのです。

緊張することが死ぬほど恥ずかしいという勘違い(認知の歪み)が解けると、呪いが解けるかのように症状も軽くなります。

あがり症改善の為に必要な「条件反射の遮断」と「認知の歪みの修正」を意図して制作されている改善プログラムが「あがり症改善プログラム」です。

本当に改善したい方のみ動き出してください。

あなたの苦しみを止めるのは、あなた自身です。

あなたを救うのもあなたしかいません。

自分で無理なくあがり症を改善する方法
正しい改善方法(1日15分)を試すのが近道です。
「あがり症改善プログラム」の公式サイト

自分を「回復」させて「改善」しよう
みんなが選んだ人気の自己学習教材
自分で自分を救うための教材一覧

Pocket